メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらネット相談室

デマや詐欺から自衛する 情報源や真偽、確認する癖を うまい話は、まず疑う

「神戸市の偽サイト」を掲示し注意喚起を行っている神戸市公式サイト

 新型コロナウイルスは、フェイクニュースや便乗詐欺の氾濫など、ネット社会にも混乱をもたらしており、情報リテラシー(活用能力)が強く求められている。デマ事例や詐欺の手口、それらの対処法を整理してみた。

 ■フェイクニュース

 2月末、「トイレットペーパーやティッシュペーパーが品薄になる」といったデマがツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿、拡散された。「製造元の中国が生産停止している」「原材料がマスクの製造に回される」など、もっともらしい理由が添えられており、デマは広がり続けた。関係団体や厚生労働省は、「供給や在庫は十分ある。買い占めを控えて」と声明を出したが、空の棚や行列のインパクトあるマスメディアの映像なども拍車をかけ、人々は焦りからトイレットペーパーや食料品の買い占めに走った。

 「26~27度のお湯を飲むとウイルスが死滅する」「感染対策に花こう岩が有効」など医…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1446文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです