特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

クローズアップ・福島

高校野球 代替大会、来月18日開幕 観戦、控えと保護者のみ /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
代替大会について説明する県高野連の松浦冬樹会長(右)と小針淳理事長=福島市で
代替大会について説明する県高野連の松浦冬樹会長(右)と小針淳理事長=福島市で

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった全国高校野球選手権福島大会の代替大会について、県高校野球連盟は12日、7月18日開幕、8月7日決勝とする日程を決定。スタンド観戦は控え部員と保護者に限定し、保護者は1家族2人で検討することを決めた。【肥沼直寛】

 県高野連はこの日、福島市内で理事会を開催し、概要を決めた。大会の名称を「福島2020夏季高校野球大会」とし、トーナメントによる公式戦とする。71チームが参加予定。県内6球場を使用し、決勝、準決勝は郡山市のヨーク開成山スタジアムで開催する。開会式は実施しない。組み合わせ抽選会は7月1日で、各校の監督や部長1人が出席する。7月中は授業を考慮し、土日、祝日のみ試合を行う。

 選手や関係者が宿泊しなくても済むよう、原則1日2試合で午前10時と午後2時に開始する。試合間隔を空けることで、ダッグアウトを消毒する時間を確保する。試合会場は準決勝と決勝を除き、対戦する両校から最も近い球場とする。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文842文字)

あわせて読みたい