メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者山越の被災地企業探訪

/4止 フィッシャーマン・ジャパン 漁師目指す若者育成 全国から受け入れ、現場も協力 /埼玉

フィッシャーマン・ジャパンは年2回、漁師学校を開催している=宮城県石巻市で(同法人提供)

 漁業は「きつい、きたない、危険」の3K職業と言われ、東日本大震災の漁業施設被災で衰退に拍車が掛かった。宮城県石巻市では、漁師を目指す若者を法人で受け入れ、担い手を育成している。背後には「震災から立ち上がれたらそれでいいのか」「生まれ育った町に漁業を残すには人を育てないといけない」という若手漁師たちの思いがあった。

 一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(石巻市)は2014年設立。キリングループの復興応援助成を得るなどし、宮城県漁協支所と連携して漁業就労者を増やす「トリトン・プロジェクト」を15年から開始した。新規就業支援、新人漁師専用のシェアハウス運営、漁師の仕事を学ぶ場の提供などを行っている。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです