メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンド・聖地巡礼

/44 アフターコロナ 量から質重視の時代へ /東京

 「アキバフクロウ」も4~5月は休業した

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国で観光客が消えてしまったが、情報までが途絶えたわけではない。

 世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー(https://tg.tripadvisor.jp/)」の日本法人代表・牧野友衛さん(47)は「旅行サイトの特性上、今すぐではなく、近い将来に旅行に行きたいという方にも見ていただいているので、宿泊関係のような急激な落ち込みはありません」。世界49カ国・地域に28言語でサービスを展開。口コミが気になる旅行者であれば、利用経験がある人も多いだろう。

 同社は感染拡大で観光被害が深刻になってきた4月、日本、米国、英国、イタリア、豪州、シンガポールの6カ国の一般旅行者約2400人を対象に調査を行った。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです