メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ とんかつ弁当食べて! 三島の飲食店グループ「地元へ恩返し」 施設に提供 /静岡

施設の利用者にとんかつ弁当を手渡す西原洋平社長(右)=静岡県三島市富田町の「おんすいち」で

 お客さんが来てくれることは当たり前でなかった。支えてくれる地元の人に感謝を伝えたい――「かつ銀」や「一番亭」などの18の飲食店を県東部を中心に運営する「にしはらグループ」(三島市)が12日、三島市富田町の知的障害者生活介護事業所「おんすいち」に自慢のとんかつ弁当(30個)を提供した。新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされたが、再開を喜んでくれた地元の人たちへの恩返しだ。

 店舗は4月16日~5月17日に全面休業。休業中はマスクや消毒液を確保し、再開に備えた。しかし、西原洋平社長(39)は心細かったという。「お客さんが来てくれるのか、すごく不安だった」と明かす。ところが、再開の初日は「びっくりするくらい、にぎわった」と西原社長。「『待っていたよー』という声もあった。休業中に食材の納入を断って生産者に迷惑もかけた」として地元への恩返しを思い立ったという。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです