メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

香港「1国2制度」危機なの? 新法制で「反政府」摘発 市民ら「自由なくなる」=回答・福岡静哉

香港の国家安全法制に抗議する人々=香港で5月24日、AP

 なるほドリ また香港(ホンコン)でデモがあったね。

 記者 中国の習近平(しゅうきんぺい)指導部が香港で反政府運動(はんせいふうんどう)を厳(きび)しく取り締(し)まる国家安全法制を導入(どうにゅう)すると決めたことに、民主派(みんしゅは)が反発しているからです。香港は1997年に英国から中国に返還(へんかん)され、高度な自治(じち)が認められた「1国2制度」が採用(さいよう)されています。中国本土とは法律が違いデモや集会、言論(げんろん)の自由も認められ、習氏を批判(ひはん)しても罪(つみ)に問われません。しかし、国家安全法制では「国家への反乱(はんらん)」「国家分裂(ぶんれつ)」などの行為が取り締まりの対象となります。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです