連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

コロナ第2波 大阪モデル模索 自粛効果、割れる専門家

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議に臨む吉村洋文知事(中央奥左)ら=大阪市中央区で2020年6月12日午前10時半、木葉健二撮影
大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議に臨む吉村洋文知事(中央奥左)ら=大阪市中央区で2020年6月12日午前10時半、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの第2波に備え、大阪府は12日、休業や外出自粛の再要請などに向けた独自基準を全国に先駆けて策定した「大阪モデル」の見直し作業を本格的に始めた。感染拡大は緊急事態宣言前の3月下旬にピークを迎えていた可能性があり、専門家の一部からは「過剰な要請は不要」との声も上がる。ウイルスの特徴が今も判然としない中、経済活動と感染防止の両立に向けた「入り口戦略」を手探りで練り直す。

この記事は有料記事です。

残り2652文字(全文2845文字)

あわせて読みたい

注目の特集