メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ」 メーカー社長が激励メッセージ

新潟日報に掲載された小林一芳コロナ社長の社員と家族宛のメッセージ広告(一部)=コロナ提供

 暖房機器メーカーのコロナ(新潟県三条市)は、社員とその家族にあてた小林一芳社長のメッセージ広告を13日付の地元紙・新潟日報に掲載する。社名が新型コロナウイルスを連想させることから、社員や家族が心を痛めているといい、関係者を励ます内容になっている。

 メッセージ広告のタイトルは「コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ」。小さな子どもに話しかける口調で、ひらがなとカタカナでつづられている。

 新型コロナ感染拡大下での生活をねぎらうとともに、「もし家族がコロナで働いているということでいやな思いをしていたらごめんなさい」と語りかけている。一方で、「コロナという名前に、自分たちの仕事に誇りを持っています」「君の自慢の家族はコロナの自慢の社員です」など、親がコロナで働いていることに誇りを持つよう呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです