メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「少女A」の売野雅勇さん 栃木・足利の新高校校歌作詞へ 母校が統合

「有意義な学校訪問だった」と話す売野さん=栃木県足利市内で11日、太田穣撮影

 栃木県立足利高と足利女子高が統合し、2022年度に開校する新高校の校歌の作詞を、足利高OBのヒットメーカー、売野雅勇さん(69)が手掛けることになった。新校の設置計画をつくる設立準備委員会が決めた。11日に両高を訪れた売野さんは「思いを共有し、心をひとつにするのが歌の本質。特に校歌は長く生きる。わくわくすると同時に責任の重さも感じる」と話した。【太田穣】

 売野さんは1969年卒。上智大卒業後、コピーライターなどを経て、81年に作詞家としてデビューした。翌年、中森明菜さんの「少女A」が大ヒットし、「1/2の神話」「十戒」もオリコン1位を獲得。チェッカーズの「涙のリクエスト」や郷ひろみさんの「2億4千万の瞳」、荻野目洋子さんの「六本木純情派」などの名曲、話題曲を次々と送り出した。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです