メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ陽性の妊婦 出産施設の66%が「無症状でも転院」 日産婦調査

写真はイメージです=ゲッティ

 日本産科婦人科学会が新型コロナウイルスへの対応を尋ねたアンケートで、PCR検査を受けた妊婦が陽性だった場合、分娩(ぶんべん)を取り扱う66.2%の施設が、症状がなくても、感染症に対応できる治療体制が整った医療施設に搬送すると回答した。施設の判断で帝王切開手術にするとしたのは22.4%だった。国は妊婦のPCR検査に補助制度を設けたが、陽性だった場合は転院や分娩方法の変更といった負担を伴う可能性について、事前に理解を得ることが求められる。

 アンケートは会員の産婦人科医を対象に、5月15日までの状況についてインターネットで実施し、2446人が回答した(回答率14%)。医療施設は1160カ所で、うち分娩施設は766カ所だった。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです