特集

第76期本因坊戦

第76期本因坊決定戦七番勝負と本因坊文裕(もんゆう)=井山裕太九段=への挑戦者決定リーグ戦に関する特集ページです。

特集一覧

本因坊戦第2局、1日目終わる 2カ所で競り合い「長期戦」の予想も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立会の二十四世本因坊秀芳(石田芳夫九段)に封じ手を渡す本因坊文裕(中央)。左は挑戦者の芝野虎丸名人=東京都千代田区の日本棋院で2020年6月13日午後5時2分、玉城達郎撮影
立会の二十四世本因坊秀芳(石田芳夫九段)に封じ手を渡す本因坊文裕(中央)。左は挑戦者の芝野虎丸名人=東京都千代田区の日本棋院で2020年6月13日午後5時2分、玉城達郎撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第2局が13日、東京都千代田区の日本棋院で始まり、午後5時1分に文裕が87手目を封じて1日目の対局を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は文裕3時間56分、芝野3時間5分。14日午前9時に再開する。

 9連覇を目指す文裕が先勝して迎えた本局。新型コロナウイルスの感染拡大で対局地が北九州市から東京に変更され、45年ぶりに本因坊戦が日本棋院で打たれた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文583文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集