特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「肌が触れ合う距離」キャバクラの困惑 「現実的ではない」政府・夜の街指針の不安

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言が解除されて初めての土曜の夜に繁華街を歩く人たち=東京都新宿区歌舞伎町で2020年5月30日午後8時23分、喜屋武真之介撮影
緊急事態宣言が解除されて初めての土曜の夜に繁華街を歩く人たち=東京都新宿区歌舞伎町で2020年5月30日午後8時23分、喜屋武真之介撮影

 「夜の街」関連の飲食店やライブハウスの休業要請が19日にも解除される。それに先立ち感染防止のための指針が13日に示されたが、関係者からは「守るのは難しい」と困惑の声も聞かれた。すでに営業が再開されている昼の娯楽の場でも試行錯誤が続いている。

 「現実的ではない」。全国屈指の繁華街、東京・新宿の歌舞伎町にあるキャバクラのオーナー男性(39)は指針の内容に戸惑いを隠せない。

 客との距離は最低でも1メートル空け、客の氏名や連絡先の名簿を保存する――。「素性を隠して来店する客もおり、店が名前や連絡先を聞けば客は抵抗感を感じると思う。また客足が遠のくことにつながるのではないか」と懸念を口にする。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1006文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集