メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

京都市と学生アルバイト支援で協定 サイトも開設 新型コロナで

学生支援に関する協定を結んだ京都市の門川大作市長(右)と学生情報センターの吉浦勝博社長=京都市役所で6月10日

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルバイト探しに不安を抱える学生を支援するため、京都市は6月10日、学生生活全般をサポートする「学生情報センター(ナジック)」(京都市)と協定を締結した。市内の学生向けに、市内のアルバイト情報を紹介する特設サイトを15日に開設。学生生活や学生のキャリア形成などで、両者が連携して事業を進める。

 同社は学生アルバイト情報ネットワーク「バイトネット」を運営し、全国の大学など約280校が加盟。加盟校ごとに専用ページがあり、ログインすると求人情報を探せる。

 特設サイトは、市内の大学・短大などに通っていたり、市内に在住していたりする学生が対象。トップページのバナーからは、新型コロナの予防策を講じているアルバイト先も閲覧できる。バイトネットにも、特設サイトのリンクを用意した。

 同社によると、関西の求人は8日現在、2019年の同時期と比較して約4割減少。市内の求人数は78件(10日現在)と4~5割減少したと推測している。市役所での締結式後、記者会見した同社の吉浦勝博社長は「多くの学生がアルバイトの機会を失い、経済的不安を抱えている」と指摘。門川大作市長は「今後も取り組みを進めたい」と述べた。

 詳細は特設サイトで。【福富智】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです