メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

コロナ自粛でテレビの再放送が増えた…

[PR]

 コロナ自粛でテレビの再放送が増えた。2年前に急逝した俳優、大杉漣(れん)さんの顔を見かけると、いまだ亡くなった実感が湧かない。出演作が多かったので、来年も新作映画公開が控えている▲北野武監督の映画「ソナチネ」のオーディションを受けた時は40歳。駄目なら俳優を辞めるつもりが面接に1時間も遅れてしまう。後片付け中の監督に歩み寄ると、一目で「帰っていいですよ」と言われたが、採用された▲以来、世界的な北野映画の常連となる。不思議な出会いだが、監督には見えたのだろう。言葉も衣装も道具も要らない裸の役者が、そこに立っているぞと。大杉さんは何でもない立ち姿に、ただならぬ気配を感じさせた▲1970年代に活躍したアングラ劇団の一つ「転形劇場」の出身だった。主宰者の劇作家、太田省吾は「裸形(らぎょう)の演劇」をめざし、言葉も動きも次々とそぎ落とした末に、独自の沈黙劇へ到達する。代表作「水の駅」は、世界演劇史上の古典である▲役者は2メートルを5分かけて進み、発声しない。NHKテレビの舞台放映時「これは演出で放送事故ではありません」と字幕が出た。それでも観客は多くの言葉を聞き、行為する身体と空間を感じ取る。沈黙を演じた昭和末の15年が大杉さんを作った▲沈黙劇はDVDで見られるが、劇場での驚嘆には遠い。ITの発達で生活の距離や速さは驚異的に飛躍し、言葉は無意味に氾濫している。これが文明の進歩なのか。大杉さんのたたずまいは黙って問いかける。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです