メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

米人種差別抗議運動 混迷の中に再統合の力=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

 新型コロナ・パンデミックの流行地は欧米から南半球や南アジアへと移行し、流行がピークを過ぎた東アジアや欧米では活動抑制の緩和が進んでいる。この緩和は感染抑制によって「瞬間凍結」されてしまった経済活動を解凍することが目的とされている。しかし多くの地域で見られているのはパンデミック以前の社会的分断の加速であり、対立の激化である。

 その象徴的事例が米国の人種差別抗議運動である。きっかけとなったのは5月25日、中西部のミネアポリスで黒人のジョージ・フロイド氏が偽造紙幣使用の疑いで警官に拘束され、「息ができない」と訴えながら死に至った一部始終が通行人のスマートフォンで撮影され、投稿されたことである。この日はそもそもは南北戦争終結を記念し、戦没者を悼む休日で、今年は本格的に人々が外出し始めた日でもあった。この事件後、全米各地で、…

この記事は有料記事です。

残り1378文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです