メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

賭けマージャン、処罰されないの? 明確な基準はないが、額や悪質性が目安か=回答・近松仁太郎

 なるほドリ 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)中に「点(てん)ピン」で賭(か)けマージャンをした東京高検検事長(けんじちょう)が辞職したね。刑事告発もされたけど、どうなるの?

 記者 法務省によると、前検事長は月に1、2回、賭け金が1000点100円の「点ピン」で賭けマージャンをし、1日に1万~2万円程度がやりとりされました。お金を賭ける行為は賭博罪(とばくざい)に当たり、50万円以下の罰金または科料(かりょう)が科されます。ただ、賭けマージャンで刑事罰を受けた例は少ないです。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです