メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級1組 藤井七段、10戦全勝で昇級 棋聖戦は歴史的なものに

藤井聡太七段

 <第78期順位戦C級1組 藤井聡太七段VS小林裕士七段>

 藤井聡太七段(17)が史上最年少でタイトル戦挑戦者となった。永瀬拓矢叡王(27)との棋聖戦挑戦者決定戦は、永瀬に50手まで研究範囲の将棋に持ち込まれ、残り時間の差を1時間もつけられる苦しい状況に追い込まれる。だが永瀬の意表を突く勝負手を放って逆転し、ミスはあったがうまく対応した。最後は永瀬に致命的なミスが出てやっと勝利した。

 見落としをしても動じず、読みにない局面になっても慌てない。とても17歳とは思えない落ち着きだ。渡辺明棋聖との五番勝負は歴史的なものとなろう。第1局は藤井が制した。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです