メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/15 美術界に残した足跡 一歩退き冷静に見つめ=島根県立石見美術館専門学芸員・川西由里

旧東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)の玄関。1913(大正2)年築。同年に、宮芳平は東京美術学校に入学している=東京都台東区で、須藤唯哉撮影

 <文化の森 Bunka no mori>

 森鷗外は医学、文学の領域だけでなく、明治、大正期の美術界にも足跡を残した。美術家が登場する小説を執筆したほか、美術作品の批評を行い、東京美術学校や慶応義塾で美術解剖学、西洋美術史、美学を教え、さらには文部省美術展覧会(文展)の審査委員も務めた。また、美術家の友人も多かった。

 鷗外は「舞姫」で小説家デビューをするより前に、美術批評を始めていた。美術に関わるきっかけを作ったのは、小説「うたかたの記」の主人公のモデルとなった洋画家、原田直次郎だ。留学先のドイツ・ミュンヘンで知り合い意気投合した二人は、帰国後も歩調をあわせ、日本での洋画普及に尽力した。国粋主義の風潮から日本画が重視され、洋画が排斥されていた明治二十年代、鷗外は原田たち洋画家の活動を言論によって援護した。原田…

この記事は有料記事です。

残り1805文字(全文2164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです