「女帝 小池百合子」異例のヒット 15万部突破 都知事選にも影響か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
話題となっている「女帝 小池百合子」
話題となっている「女帝 小池百合子」

 小池百合子・東京都知事の半生を描いた評伝「女帝 小池百合子」が話題を呼んでいる。出版元の文芸春秋によると、5月29日の発売から約2週間で既に15万部を突破し、ノンフィクション作品としては記録的な売り上げとなる勢いだ。ツイッター上でも「都民だけでなく有権者として読んでおくべきだ」などと感想が寄せられており、都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)にも影響を与える可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1178文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい