アトランタ市警トップ、黒人男性銃撃死で引責辞任 撃った警官の解雇求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米南部ジョージア州アトランタ市で12日夜、警察官ともみ合いになった黒人男性が銃で撃たれて死亡する事件が起きた。ボトムズ市長は13日の記者会見で、市警トップのシールズ本部長の引責辞任を発表。「正当な武器の使用とは思えない」と述べ、発砲した警察官の解雇を求めた。

 死亡したのは同市に住むレイシャード・ブルックスさん(27)。州捜査当局によると、12日夜、ハンバーガー店のドライブスルーに止めた車の中…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集