特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

クラスター発生 「昼カラ」悪者扱いに不満の声 介護予防や憩いの場なのに…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
常連客が戻り始めたカラオケ喫茶店=北海道旭川市で、渡部宏人撮影
常連客が戻り始めたカラオケ喫茶店=北海道旭川市で、渡部宏人撮影

 札幌市で2件のクラスター(感染者集団)を含む多数の感染者が発生したことで注目された「昼カラ」。高齢者らが日中にカラオケを楽しめ、介護予防や地域の憩いの場でもあり、悪く目立ってしまうことには、店や利用客からは不満や戸惑いの声が上がる。

 「お久しぶりー。3カ月ぶりだね」。11日午後、旭川市でカラオケ喫茶を経営する田口美由紀さん(52)は常連客を出迎えた。店は3週間の休業を経て5月15日から再開した。休業中には高齢の常連客から「コロナのため娘が遊びに来なくなった。寂しい」と電話が入り、世間話に付き合ったことも。

 同市では4月17日以来、感染者が出ておらず、道の休業要請が5月末で全面解除されると、正午から閉店の午後4時まで利用客は平均十数人。ようやく客足が徐々に戻ってきたのを実感するようになった。回復の理由の一つとして田口さんは「学校が再開され『外出してはだめ』と諭す家族がいないため」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文672文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集