奄美大島沖でサンゴの産卵始まる 夜の海を漂う幻想的なピンクの粒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜の海に漂う、放出されたピンクの卵=2020年6月10日午後10時52分、興克樹さん提供
夜の海に漂う、放出されたピンクの卵=2020年6月10日午後10時52分、興克樹さん提供

 鹿児島県の奄美大島沖でサンゴの産卵が始まった。ピンクの粒が夜の海中を漂い、幻想的な命の営みの光景を作り出している。

 同県奄美市の自然写真家、興(おき)克樹さん(49)が撮影。産卵は同県大和村国直の沖合250~400メートル、水深2メートルの海底で10日午後10時ごろから約1時間半続いた。ミドリイシ…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

注目の特集