メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奄美大島沖でサンゴの産卵始まる 夜の海を漂う幻想的なピンクの粒

夜の海に漂う、放出されたピンクの卵=2020年6月10日午後10時52分、興克樹さん提供

 鹿児島県の奄美大島沖でサンゴの産卵が始まった。ピンクの粒が夜の海中を漂い、幻想的な命の営みの光景を作り出している。

 同県奄美市の自然写真家、興(おき)克樹さん(49)が撮影。産卵は同県大和村国直の沖合250~400メートル、水深2メートルの海底で10日午後10時ごろから約1時間半続いた。ミドリイシ…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです