メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダのタンタンに竹を運んで20年 味の好みも把握する3人 帰国に寂しさ募る

タンタンの餌にする1束5キロの竹を運ぶ岩野憲夫さん(中央)ら=神戸市北区淡河町神影で2020年6月9日、中田敦子撮影

 「雨の日も風の日も雪の日も、竹を運び続けた。食べてくれなくなるのは寂しい」。神戸市立王子動物園(灘区王子町3)のジャイアントパンダ「タンタン」(雌、24歳)が食べる竹は20年間、神戸市北区淡河町の有志が届けてきた。その一人、農園経営の西浦常次さん(71)は中国へ帰るタンタンへの惜別の思いを語る。

 北区淡河町神影にある竹林には、モウソウチクが辺り一面に生い茂る。農業の岩野憲夫さん(72)が所有する。9日も足場の悪い中、岩野さんらは専用ののこぎりで約20キロの竹を刈り取った。

 パンダ用の竹刈りは西浦さん、岩野さんのほか、農業の辻井正さん(76)の3人が本業の傍ら続けてきた。交代で北区や兵庫県三木市などそれぞれ20カ所以上の竹林へ行き、週3回、計150キロほどを動物園に運ぶ。竹は、林の所有者から許可を得て刈り取っている。大雪でトラックが動かなくなったこともあったが「俺らが届けなかったらタンタンの餌はどうなるんや」と続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです