メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー福岡が東京オリンピック断念を表明「後悔しない人生を」 医師の夢優先

 2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本初の8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで記者会見を開いた。福岡は「7人制代表からの引退を表明する。オリンピックの延期がささやかれ始めてからどうするか常に考えていた。後悔しない人生を生きたい思いが強かった」と語り、新型コロナウイルスの影響で21年夏に延期された東京オリンピックの7人制での出場を断念することを表明した。

 福岡は東京五輪後に現役を引退し、大学医学部への進学を目指すと公言してきた。今年から7人制代表候補入りしたものの、新型コロナの影響による1年延期を受け、医師になる夢を優先し、受験勉強とトップリーグ(TL)でのプレーに集中することにしたという。来季のTLには出場する。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです