連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

コロナ共存「生命哲学」必要 感染拡大の中心地・NYで生物学者が考えた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
在宅勤務を義務づけ、不要不急の外出を控えるよう求める「外出禁止令」が始まり、閑散としたタイムズスクエア=米ニューヨークで2020年3月22日午後8時53分、隅俊之撮影
在宅勤務を義務づけ、不要不急の外出を控えるよう求める「外出禁止令」が始まり、閑散としたタイムズスクエア=米ニューヨークで2020年3月22日午後8時53分、隅俊之撮影

 世界は新型コロナウイルス感染症を収束させるという共通の難題を抱えている。感染者、死者ともに世界最多の米国。感染拡大の中心地、ニューヨークでこの3カ月間過ごした生物学者の福岡伸一さん(60)は、人間とウイルスの関係をどう考えているのか。

 ニューヨークの現地時間は深夜0時。日が高い東京から映像をつなぐと、福岡さんは地球上を覆う社会不安の正体を考察していた。「このウイルスが『新型』と名付けられたことによって、初めて出合う未知のウイルスという恐怖が先行しました。病気の名前に『新型』が付く時は要注意です」

 なぜ新型とされたのか。「ゲノム(全遺伝情報)の解析技術の進展によって、中国・武漢で検出されたウイルスの全構造がたちどころに判明し、これまで知られているコロナウイルスとは違うタイプだと分かりました。ただし、かなりの部分は類似していました。なので、コロナウイルスの『一種』と呼んでいれば、これほどの混乱は避けられたかもしれません。最初の患者が武漢でたまたま見つかっただけで、以前からどこかに潜んでいたウイルスが顕在化したに過ぎません」

 普段は東京に住む福岡さんは3月上旬、客員研究者を務めるロックフェラー大のあるニューヨークに渡った。春休みを過ごして帰国する予定だったが、現地での感染爆発で足止めされた。都市封鎖(ロックダウン)された街に身を置き、一部の経済活動が再開された今も現地に滞在を続けている。

 日本は欧米諸国と比べて新型コロナの死亡率が低いことが注目されている。「理由はまだわかりませんが、少なくとも『民度の差』ではないでしょう。ウイルス株の差異かもしれないし、宿主側の遺伝的背景かもしれない。BCGなど免疫経験の差かもしれない。これらが解明されるにはもう少しデータと時間が必要です」と指摘する。

 いつ収束するのか、誰にも先は見えない。長期的にはインフルエンザと同様、このウイルスと共存する社会になると予見する。福岡さんが考える「共存」とは、ウイルスの存在により起こる一定のリスクを受け入れること。「例えばクルマ社会に生きる私たちは利便性を享受すると同時に、交通事故を起こす危険性も知っています。新型コロナもリスクを受け止めつつ、共存するものになると思います」

 長期的な共存には、ワクチンの開発や治療薬の確立が不可欠だ。「ただ、来夏に延期された東京オリンピックまでにワクチンや特効薬がすぐにも完成し、霧が晴れたようにコロナ問題が解消して、世界中が祝祭的なムードに包まれるということはないでしょう」。今、ワクチンの開発は世界的な競争の様相を呈する。「流れてくる情報には企業の株価を上げたいなどの思惑も垣間見える。ワクチンの安全性は長い時間をかけて検証しなければならず、拙速に進めて健康被害が出ると大変なことになる。政治的、経済的なものを紛れ込ませないために必要なのが『生命哲学』だと思います」

 福岡さんはニューヨークに入る前、南米のガラパゴス諸島を訪ねた。旅したのはまだ、新型コロナの感染がほぼ中国に限られていた頃。進化論で知られるダーウィンが「種の起源」の着想を得た絶海の孤島は、長年の憧れの地だった。

 そもそもウイルスとは何者か。福岡さんが語る解説は、思いも寄らぬものだった。ウイルスは細菌…

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文2951文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集