メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイルに危険性、改修にコストや時間… イージス・アショア配備で防衛相、事実上の白紙撤回

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画のプロセス停止を表明した河野太郎防衛相=防衛省で2020年6月15日、田辺佑介撮影

 河野太郎防衛相は15日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備計画のプロセスを停止すると発表した。ミサイルのブースター部分を落下させるための技術的な不備が見つかり、改修にコストや時間がかかるためと説明した。2025年度以降に国内2カ所に配備する予定だったが、事実上の撤回となる。防衛省で記者団に述べた。

 ブースターはミサイルの推進力を補助する装置で、上昇後に切り離される。配備を予定していた陸自むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)でミサイルを発射した場合、切り離されるブースターを演習場内や安全な海上に確実に落下させられないことが判明した。住民に危険が及ぶ可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです