岩根前社長ら旧経営陣5人を提訴へ 関電が発表 19億3600万円賠償求め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力本店=大阪市北区で、猪飼健史撮影
関西電力本店=大阪市北区で、猪飼健史撮影

 関西電力幹部らの金品受領問題を巡り、関電は15日、岩根茂樹前社長ら旧経営陣5人を相手取り、損害賠償を求めて提訴すると発表した。17日をめどに大阪地裁に訴状を提出する。賠償請求額は19億3600万円とする方針だが、今後膨らむ可能性がある。5人は取締役として会社に損害を与えないようにする「善管注意義務」に違反し、会社に損害を与えたと判断した。

 提訴の対象は、岩根氏のほか、森詳介元相談役、八木誠前会長、豊松秀己元副社長、白井良平元取締役。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集