メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩根前社長ら旧経営陣5人を提訴へ 関電が発表 19億3600万円賠償求め

関西電力本店=大阪市北区で、猪飼健史撮影

 関西電力幹部らの金品受領問題を巡り、関電は15日、岩根茂樹前社長ら旧経営陣5人を相手取り、損害賠償を求めて提訴すると発表した。17日をめどに大阪地裁に訴状を提出する。賠償請求額は19億3600万円とする方針だが、今後膨らむ可能性がある。5人は取締役として会社に損害を与えないようにする「善管注意義務」に違反し、会社に損害を与えたと判断した。

 提訴の対象は、岩根氏のほか、森詳介元相談役、八木誠前会長、豊松秀己元副社長、白井良平元取締役。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  2. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  3. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  4. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  5. ウィズコロナへトライ! 県内の園児から中学生120人、ラグビーで運動不足解消 中電監督ら直接指導 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです