メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動再開、でもラグビー部や柔道部どうすれば… 頭抱える部員や指導者ら

距離を保ちながらパス練習をするラグビー部員たち=大阪市生野区で2020年6月15日午後3時55分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの影響で分散登校が続いていた大阪府内の公立学校では15日、通常授業が始まり、部活動も再開された。大阪市教育委員会は感染を防ぐため、ラグビーや柔道などの競技について、接触を伴う練習の一部を控えるよう指導する。思い通りに技術が磨けない現状に、部員や指導者らは頭を抱えている。

 創部54年で日本代表選手も輩出した市立東生野中学校(生野区)のラグビー部は15日午後、約2カ月ぶりに練習を再開した。「なるべく声を出さず、接触を最小限にして練習しよう」。冒頭、顧問の宮崎浩彰教諭(41)は約35人の部員に呼びかけた。

 市教委は部員が密集するスクラム練習の自粛を呼びかけている。この日は距離を保ちながら少人数でパス練習をこなす一方、スクラムやタックルの練習は見送った。指示を出す主将以外は声を出さず、細心の注意が払われていた。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです