メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当麻特産品「でんすけすいか」 初競りで22万円 /北海道

ビニールハウスで取れた大玉のでんすけすいか。生産者の伊林和彦さんは初収穫を喜ぶ=北海道当麻町で

 夏の風物詩で、黒光りの皮で知られる当麻町の特産品「でんすけすいか」の初競りが15日、旭川市の青果市場であり、1玉最高22万円で落札された。新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が低下し、最高額は昨年の75万円と比べ3分の1以下となった。

 「田を助ける」の意味もあるスイカの栽培は、減反政策に伴う「一…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです