メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラムサール登録40年 釧路湿原、進む再生 観光活用の幅広がる /北海道

カヌーでの川下りを楽しむ人たち=北海道の釧路湿原で、共同

 国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に北海道の釧路湿原が登録されてから、17日で40年となる。戦後は農地開発が進められたが、条約登録以後は環境保全の機運が高まった。直線化した河川を再び蛇行させる工事などで植生を回復する取り組みが進み、条約がうたう「賢明な利用」の一環で観光資源としての活用の幅も広がっている。

 釧路湿原は面積約2万6000ヘクタールの国内最大の湿原。ラムサール条約には中心部の7863ヘクタールが登録されている。釧路川やその支流が湿原を蛇行し、一帯は鳥類約200種、植物約700種などが確認される野生生物の宝庫だ。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです