メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラムサール登録40年 釧路湿原を巡る主な出来事 /北海道

1858年 松浦武四郎が江戸幕府の調査命令で釧路川を下り、湿原を縦断

1935年 湿原のタンチョウと生息地を国の天然記念物に指定

  51年 北海道開発庁が「釧路泥炭地開発計画」を策定

  71年 イランのラムサールで開かれた国際会議でラムサール条約採択

  80年 同条約の重要な湿地として国内初登録

  83年 環境庁が「釧路湿原保全対策検…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. 「学問と政治の関係の大きな分水嶺」 学術会議に政権の人事介入 揺らぐ独立性

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです