メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 免許更新「3密」防げ 信号機で混雑告知、食堂改造し講習室 警察署、感染防止に知恵絞り /埼玉

署内の3密を防ぐため、入り口に設置された模擬信号機。青は運転免許更新の受け付けが可能、赤は入場規制中を表している=埼玉県の上尾署で

 県警は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために休止していた警察署での運転免許更新業務を8日から再開した。感染予防のため、県警本部はマスク着用やボールペンの持参を呼び掛けているが、各警察署でも「3密」を防ごうと、独自の対策に力を入れている。【成澤隼人】

 上尾署は、更新手続きの混雑状況を表す模擬信号機を署の入り口に設置した。受け付けできる時は青、混雑して入場を規制している時は赤を点灯する。海外のスーパーマーケットで行われている取り組みを参考に交通課員が考案した。「混雑状況が一目で分かる」と、利用者の評判も上々という。

 また、署内の待合スペースは普段よりも間隔を広く取って椅子を設置している。座れる人数に限りがあるため、署の外や車の中でも待てるように呼び出しブザーを用意した。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです