新型コロナ 布マスク、必要な子へ 視覚障害者団体、寄付募る /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八視協に寄せられた政府配布の布マスク。「必要な子どもたちに送りたい」という宮川さん=八王子市明神町の八視協で
八視協に寄せられた政府配布の布マスク。「必要な子どもたちに送りたい」という宮川さん=八王子市明神町の八視協で

 政府が配布している布マスクを寄付してもらい、必要とする子供に送る取り組みをNPO法人八王子視覚障害者福祉協会(八視協)が始めた。新型コロナウイルス感染拡大でマスクは不足し値段も高騰。ようやく市中に出回り始めたが、マスクが行き渡っていない子供たちもおり、届けるのが目的だ。【野倉恵】

 八視協では、会員の間で、政府が配布しているマスクについて「小さくて使っていない」「開封もしていない」など使用していないとの声があった。一方で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、医療…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集