メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災通信

/3 備えあれば憂いなし 大災害への心構え /愛知

西日本豪雨から1年がたち復旧が進む=岡山県倉敷市で、本社ヘリから小出洋平撮影

 2018年は、6月の大阪北部地震に始まり、西日本豪雨水害、台風21号の上陸、北海道胆振東部地震、さらに台風24号の上陸と、立て続けに災害に見舞われた一年だった。19年も9月に千葉県で大規模停電をもたらし、「令和元年房総半島台風」と命名された台風15号や、10月の「令和元年東日本台風」と命名された台風19号が次々と襲来し、まさに「災害多発国・日本」を印象づけた。

 一方で、市民の防災意識はどのようなレベルにあるのか。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. パンダ良浜に妊娠の兆候 11~12月の出産見込み、公開休止 和歌山・白浜

  3. 酒井法子さんの元夫、また逮捕 覚醒剤使用の疑い 警視庁

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです