メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康配慮「やさしいお惣菜」 舞鶴市とフクヤ共同開発 塩分控えめ6品目 全8店で25日発売 /京都

「やさしいお惣菜」を手にする(左から)浅野泰雄さん、高浜将行さん、阿波貴子さん=京都府舞鶴市役所で、塩田敏夫撮影

 舞鶴市は15日、地元のスーパー「フクヤ」と共同で塩分を控えた「やさしいお惣菜(そうざい)」を開発したと発表した。キンピラゴボウ、カボチャ煮、うの花、金時煮、千切り大根煮、ひじき煮の6品目で、25日からフクヤ全8店(舞鶴、宮津両市、与謝野町、福井県高浜町)で販売を開始する。

 舞鶴市によると、高血圧や糖尿病、脂質などに関し、2014年のデータではいわゆる「メタボ」となる「特定保健指導対象者」の割合が府内15市の中で最も高かった。このため、市は舞鶴市に…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです