自発的な出国促進へ 外国人長期収容、解消図る 政府部会提言案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 退去強制命令を受けて入管施設に収容された非正規滞在外国人の収容長期化の解消に向け、有識者でつくる政府の「収容・送還に関する専門部会」は15日、提言案をまとめた。外国人に自発的な出国を促す新たな措置を導入する一方、実効性を担保する観点から国外退去に応じない場合の罰則も創設する。出入国在留管理庁は、7月にも法相に報告される最終提言を踏まえ、入管法改正などの制度設計の検討に入る。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1604文字)

あわせて読みたい

ニュース特集