メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

コロナの背景に野生動物取引拡大?

タイから密輸しようとしたところを押収された絶滅危惧種の小型霊長類スローロリス=2017年9月(東京税関提供)

 世界中の人々に多大な影響を与えている新型コロナウイルスの大流行は、ペットや食用目的での野生動物取引が拡大していることが背景だと指摘される。違法な取引も後を絶たず、厳しい規制や禁止を求める声が高まり始めた。

 ●アジアで密猟横行

 野生動物の国際的な取引は世界中に存在するが、アジア地域、特に東南アジアがその一大中心地になっている。世界最大の市場である中国向けのほか、日本などへの「エキゾチックペット」と呼ばれる動物の輸出も多く、密猟や密輸が後を絶たない。

 「2008~19年の間に東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で押収されたアフリカゾウの象牙は22万5000キロに上る」「マレーシア、シンガポール、ベトナムの3カ国だけで17~19年の間に9万6000キロのセンザンコウのうろこが押収された」。この2月、民間の野生生物取引監視団体、トラフィックがまとめた東南アジアの野生動物取引に関する大規模な調査報告書には、にわかには信じ難いような数字が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです