陸上イージス計画 河野防衛相、正式撤回する可能性にも言及 衆院安保委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院安全保障委員会で陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の国内配備計画の停止について寺田学氏の質問を聞く河野太郎防衛相=国会内で2020年6月16日午前9時47分、竹内幹撮影
衆院安全保障委員会で陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の国内配備計画の停止について寺田学氏の質問を聞く河野太郎防衛相=国会内で2020年6月16日午前9時47分、竹内幹撮影

 河野太郎防衛相は16日午前の衆院安全保障委員会で、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止に関し、「国家安全保障会議(NSC)や閣議などで議論され、必要であれば修正が行われる」と述べ、正式撤回する可能性に言及した。河野氏は「導入を決めた当時は正しかった」とする一方、「コストと期間を考えると合理的な判断とは言えない。その時の判断として間違っているものは、やめなければいけない」と説明した。

 また河野氏は配備計画を撤回した場合のミサイル防衛の強化について、「イージス艦を増やす選択肢が考えられる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文525文字)

あわせて読みたい

注目の特集