菅原氏「秘書が香典」 公選法抵触認める 離党や議員辞職は否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅原一秀氏
菅原一秀氏

 自民党の菅原一秀前経済産業相(衆院東京9区)は16日、党本部で記者会見し、「選挙区内の葬儀に際して故人の自宅に枕花を送ったり、秘書が香典を渡したりした」として公職選挙法に抵触した事実を認めた。一方で「原点に戻り一兵卒として精進したい」として、離党や議員辞職は否定した。

 菅原氏によると、公選法に抵触する形で渡した香典や枕花は、最近3年間の年平均で30万円前後あった。海外出張や国会日程が夜まで続くなど本人が不在だった場合に、秘書が代理で香典を渡…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集