メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、ドイツ駐留米軍を2万5000人まで削減の方針 与党には慎重論

トランプ米大統領=ホワイトハウスで2020年6月10日、AP

 トランプ米大統領は15日、ドイツに駐留する米軍を約9500人削減し、約2万5000人とする方針を示した。ホワイトハウスで記者団の質問に明らかにした。ただし、与党・共和党内では「米国の安全保障を損ない、ロシアを増長させる」との懸念が根強く、実際に削減に踏み切るかは不透明だ。

 米メディアによると、ドイツには米兵約3万4500人が駐留している。トランプ氏は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が合意した国防支出目標をドイツが達成していないことを念頭に「米国はドイツを守っているが、ドイツは義務を履行していない。筋が通っていない」と強調。「ドイツが支払うまで、我々の兵士を削減する」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです