メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県はなぜ感染者ゼロか PCR検査は? 専門家「いつまでも続かない」

新型コロナ対策の現状について語る岩手医大の桜井滋教授=岩手県矢巾町の岩手医大で

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全面的に解除され、人の移動も緩和された。しかし、流行の第2波も懸念される。全国で唯一感染者が確認されていない岩手の現状や今後の対策を、県感染症対策専門委員長で岩手医大の桜井滋教授に聞いた。【聞き手・日向米華、安藤いく子】

 ――全国で流行する中、県内で感染者が確認されていないのはなぜか。

 岩手は人口が少なく、人口密度も低い。四国と同じぐらいの広さに、小さな経済圏が分散している。感染症は人の動きと一緒に広がる。交流が一部に限定されると、感染は広がらない。流行が岩手に来るのは少し遅れるだろうと思っていた。

 ――PCR検査の実施数が少ないから感染者がゼロなのではという声もある。

 かつては保健所ごとに検査所を置いていたが、2005年に県環境保健研究センターを設置し、検査機能を1カ所に統合した。県内で採取した検体は、全てセンターに運んで検査することになった。ただ…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです