ひ~んやり夏用マスクの自販機 倉敷のジーンズストリートにお目見え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
冷やした夏用布マスクを販売する自動販売機=岡山県倉敷市児島味野2で2020年6月4日午後2時2分、益川量平撮影
冷やした夏用布マスクを販売する自動販売機=岡山県倉敷市児島味野2で2020年6月4日午後2時2分、益川量平撮影

 岡山県倉敷市児島地区にある「児島ジーンズストリート」で、冷やした夏用布マスクを売る自動販売機が人気を呼んでいる。冷気は持続しないが、洗って繰り返し使えるといい、ピンクや青、緑、グレーなどのものが、大きさごとに400円~850円で販売され、売り上げは多いときで1日約300枚に上るという。マスクは外側にガーゼ、内側にシルクを使った構造で、ポリエステルや不織布で作られた標準的なマスクよりも涼し…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集