連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

議会政治を壊す気か=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かつて国会の会期延長といえば野党が反対するものだった。

 政府法案の審議を拒んで日程を遅らせて会期切れに持ち込み、廃案を目指す。それが旧社会党などの常とう手段だった。こうした日程闘争優先の手法が強く批判されるようになって、もう久しい。

 ところが、今や「与党の審議拒否」が定着してしまうとは。

 通常国会は野党の延長要求を自民党が拒み、17日閉会する。新型コロナウイルスの感染は収束が見通せず、従来に増して国会審議が必要なのにもかかわらずだ。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文918文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集