メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外仙台高裁も国の責任認める 福島原発集団訴訟
ニッポンへの発言

キーワード 芸能人の政治的発言=中森明夫

きゃりーぱみゅぱみゅは<#検察庁法改正案に抗議します>関連のつぶやきを削除し、ツイッター上でその理由を説明した(ツイッターの画面から)

 芸能人の政治的発言が論議を呼んでいる。事の発端は<#検察庁法改正案に抗議します>だ。ツイッター上でハッシュタグ(#)をつけて意見表明、拡散する運動である。コロナ禍でもあり、密を避け、リモート(遠隔)でのデモとも言える。検察官の定年を内閣の判断で延長可能にする法案は、5月8日に国会審議入りし、翌週には強行採決されるものと思われた。そこで巻き起こったのが、先の<#検察庁法改正案に抗議します>運動である。たった2日間で延べ480万件を超えたとも言われている。

 この運動の参加者に、きゃりーぱみゅぱみゅがいた。きゃりーのツイッターのフォロワー数は500万人を超え、日本のトップレベルである。彼女の政治的意思表明は大きな反響と賛否を呼んだ。ことに“クソリプ”とも呼ばれる罵倒や中傷が膨大に押し寄せる。結果、彼女は先のツイートを削除、ファン同士がコメント欄で喧嘩(けんか)するのが悲しくなった、と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領選のテレビ討論会始まる トランプ氏とバイデン氏、初の直接対決

  2. ラグビー元日本代表の湯原祐希さん死去 36歳 2011、15年W杯代表

  3. 正代、大関昇進決定「至誠一貫の精神で相撲道にまい進」

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 開成高校で「なりすまし登校」 入試合格生徒とは別の少年が授業に 教諭ら気付かず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです