メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま文化は

新型コロナ 「生命に不可欠」ドイツでは今 理解の半面、支援の仕組みに課題 ベルリン在住ピアニスト・久末航

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された後も、文化・芸術の担い手の間では、今後の活動について手探りが続く。国家としていち早くアーティスト支援の基本姿勢を打ち出したドイツのベルリンで暮らすピアニスト、久末航(わたる)(25)に、現地の状況についてEメールで話を聞いた。

 久末は滋賀・膳所高から独フライブルク音楽大に進んだ。2015年リヨン国際ピアノコンクール1位。17年ミュンヘン国際音楽コンクールで3位と委嘱作品特別賞。現在はベルリン芸術大大学院に在学し、演奏活動を続けているが、3月以降にドイツで予定していたコンサートはほぼ全てが中止となった。

 ドイツのグリュッタース文化相は早い段階で「文化はぜいたく品ではない。生命の維持に必要不可欠な存在だ」と表明した。文化・芸術活動を含む中小・零細事業者への支援の仕組みは連邦州ごとに異なるが、久末の住むベルリン州は、すぐに助成を決定。「申請完了から助成を受けるまでに要する時間は3日以内と驚くほど早いものだった」という。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです