新型コロナ 22日「ボウリングの日」 施設が集客へ工夫 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染対策の県の営業自粛要請が解除されてからほぼ1カ月経過し、県内のボウリング場は6月22日の「ボウリングの日」を前に、集客に乗り出している。

 再開にあたり、各ボウリング場は、換気や使用済み貸しボールと貸靴の消毒、レーンごとの人数制限や透明シートを用いた飛沫(ひまつ)対策などに追われてきた。1カ月ほどの営業自粛を経て5月下旬に再開して以降、団体や高齢者の利用は回復していないが…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

ニュース特集