メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ終息願い、「茅の輪」飾り きょうから大宮・氷川神社周辺施設で /埼玉

新型コロナウイルス終息を願い行われた茅の輪飾りの祈願式=さいたま市大宮区の武蔵一宮氷川神社で

 新型コロナウイルスの早期終息を願い、武蔵一宮氷川神社(さいたま市大宮区)の「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)式」(30日)の関連行事として、周辺の商業施設に17日から、無病息災を祈る「茅(ち)の輪」が飾られる。開催に先立ち、中島祥雄(よしお)アルシェ社長らが出席した祈願式が11日に開かれた。氷川神社と周辺商業施設が合同で行事を行うのは初めて。

 氷川神社では毎年6月下旬~7月上旬に、直径3メートル近い茅(かや)の輪を通り抜ける「茅(ち)の輪くぐり」が行われる。半年間の罪やけがれをはらい、残り半年間の無病息災を願う行事で、左、右、左回りに3回くぐるため例年は参拝者による長蛇の列ができていた。今年は密集を避けるため正面から1度くぐるのみとするほか、商業施設の関連行事ではビル入り口などに1メートルほどの輪を飾り、くぐらない形式にする。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  4. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです