メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不用な布でエコバッグ 楽しく環境に配慮 豪州発祥の取り組み賛同 和歌山の貴志さん、国内初の活動 /和歌山

手作りのブーメランバッグを持つ貴志真帆さん=和歌山市のカレー店「マイソール」で、木原真希撮影

 使用しなくなった布を用いてエコバッグを製作する活動を1月、和歌山市でカレー店「マイソール」を経営する貴志真帆さん(38)が始めた。「Boomerang Bags(ブーメラン バッグス)」と呼ばれる取り組みで、オーストラリアが発祥。国内での活動は初めてという。貴志さんは「ブーメランバッグスを通して環境問題への意識を共有し、楽しく持続可能な活動にしていきたい」と話している。

 ブーメランバッグスは、2013年にオーストラリアのサーファーの女性2人が始めたプロジェクト。世界中で問題となっているプラスチックゴミによる海洋汚染に警鐘を鳴らし、使い捨てレジ袋の削減を目指している。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです