メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ対応、設置訓練 避難所も「密」回避 浜田市 /島根

ナイロンカーテンの間仕切りを設置する参加者=島根県浜田市下府町で、竹内之浩撮影

 大雨の季節を前に、浜田市は14日、新型コロナウイルス感染対策を踏まえた避難所開設訓練を国府小学校体育館(下府町)で行った。県も協力し、市・県職員や市内の自主防災組織のメンバーら約50人が参加。間仕切りの設置や避難者の受け入れ手順を学んだ。

 市は避難所の感染対策としてパイプにナイロンカーテンを取り付ける間仕切りを購入。訓練では避難者同士の接触を避けるため1人当たりのスペースを従来の倍の4平方メートルとし、…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです