メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

骨董商がうっかり偽物をつかまされることを…

[PR]

 骨董(こっとう)商がうっかり偽物をつかまされることを「しょいこみ」というそうだ。さて、しょいこんだものは、どうやって肩から下ろすのか。一方、本物でも傷を見落として買うこともあり、これを「粗見(そけん)」という▲文字通り、粗雑な下見のせいということで、しょいこみともども目利(めき)きのプロとしては情けない話だろう。さて、こちらは総額4500億円超、陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」なる珍品の「粗見」である▲弾道ミサイル防衛のために秋田県と山口県に配備予定の陸上イージス計画の唐突な「停止」発表だった。河野太郎(こうのたろう)防衛相が、迎撃ミサイルのブースター落下の安全性を確保できず、その改修も事実上は無理だと明らかにしたのである▲忘れもしないグーグルアースを誤用した立地理由の説明や、住民説明会での担当官の居眠りが世の失笑を買ったこの計画だった。今度はかねて指摘されていたブースター落下の危険が、やっぱりあったというのだから間(ま)が抜けている▲思えば中露が開発中の極超音速兵器で、完成時には時代遅れになるといわれた陸上イージスだ。技術的不備は計画停止の表向きの理由ではないかと、勘ぐる向きも出てこよう。この先、ミサイル防衛の抜本的な再検討は避けられまい▲陸上イージス導入の必要性を率先して訴えてきた首相には、その「粗見」が問われることになった。ちなみに骨董の世界では、品物の鑑定を相手まかせで売り買いする人を「相手目利き」というそうである。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです